光触媒によりSARS-CoV-2が不活化! -暗所でも効果を確認-

キャンディルは、大和ハウス工業、奈良県立医科大学、MBTコンソーシアムとの
4社共同研究の結果、光触媒(アパタイト被覆二酸化チタン)による
SARS-CoV-2に対する不活化※1効果が確認できました。

※1:不活化とは、ウイルスの細胞感染力を失わせることをいいます。

光触媒で効果があることが判明!

キャンディルグループの扱う光触媒コーティング(以下エアリフレッシュ)が持つ抗ウイルス抗菌効果により、
SARS-CoV-2(2019-nCoV JPN/TY/WK-521 株)が不活化されたことが
「奈良県立医科大学微生物感染症学講座(教授:矢野寿一、准教授:中野竜一)」によって確認されました。
奈良県立医科大学の研究成果発表はこちら

尚、本試験で使用した光触媒(エアリフレッシュ:アパタイト被覆二酸化チタン)は、SARS-CoV-2に接触させることにより不活化することが判明しましたが、本試験では、空間に浮遊するウイルスへの効果、人体への影響については検証を行っておりませんので、誤解のなきようお願い致します。

試験方法

光触媒加工したガラス板にSARS-CoV-2を接種し、6時間まで静かな環境で置いた状態を観察しました。


※奈良県立医科大学での検証の様子

試験品*$ 光照射条件# 作⽤時間
0 h 1 h 2 h 4 h 6 h
ブランク 500 lx
光触媒加⼯ (光照射保管) * 500 lx
光触媒加⼯ (暗所保管) $ 500 lx
ブランク 0 lx
光触媒加⼯ (光照射保管) * 0 lx
光触媒加⼯ (暗所保管) $ 0 lx
* :
光照射保管は、試験直前までブラックライトに24時間照射してから使⽤した
$ :
暗所保管は、試験開始24時間前までにブラックライトに24時間照射し、試験開始まで暗所に保管した
○:
測定26ポイントx実施3回
# :
500lx は、UVカットフィルター N-169(380nm 以下の波⻑をカット)を使⽤した

試験結果

500lx(限りなく屋内に近い光量)で効果あり!

500lx(限りなく屋内に近い光量)で
効果あり!

※JIS規格試験は1,000lx

光照射条件500lxでは、光照射保管および暗所保管したエアリフレッシュ加⼯とも、
時間経過とともに感染価が減少し、
1時間で90%以上、4時間で99%以上の減少率を⽰しました。
さらに6時間作⽤させると、99.806%の感染価※2の減少を⽰しました。
※2 細胞感染性を有するウイルス粒子の数のこと

エアリフレッシュ加⼯(光照射保管) 500 lx におけるウイルスの不活化効果
0 時間 1 時間 2 時間 4 時間 6 時間
不活化効果(Mv) - 1.15 1.22 2.03 2.71
減少率(%) - 92.991% 93.915% 99.068% 99.806%

減少率(%)は⼩数点第4位以下切り捨て

エアリフレッシュ加⼯(暗所保管) 0 lx におけるウイルスの不活化効果
0 時間 1 時間 2 時間 4 時間 6 時間
不活化効果(Mv) - 1.05 1.18 2.07 2.71
減少率(%) - 91.111% 93.386% 99.150% 99.806%

減少率(%)は⼩数点第4位以下切り捨て

・ウイルス活性値の測定例

・光照射条件500lxにおけるウイルス感染価の推移

さらに暗所でも不活化の効果が!

暗所条件 0 lxにおいても、
光照射保管および暗所保管したエアリフレッシュ加⼯とも、時間経過とともに感染価が減少し、
1時間で90%以上、2時間で99%以上の減少率を⽰しました。

6時間の作⽤では、光照射保管のエアリフレッシュ加⼯で99.559%
暗所保管のエアリフレッシュ加⼯で99.438%の減少率を⽰しました。
暗所性能は今後、メカニズムを研究していきます。

エアリフレッシュ加⼯(光照射保管) 500 lx におけるウイルスの不活化効果
0 時間 1 時間 2 時間 4 時間 6 時間
不活化効果(Mv) - 1.22 2.06 2.24 2.36
減少率(%) - 94.000% 99.123% 99.419% 99.559%

減少率(%)は⼩数点第4 位以下切り捨て

エアリフレッシュ加⼯(暗所保管) 0 lx におけるウイルスの不活化効果
0 時間 1 時間 2 時間 4 時間 6 時間
不活化効果(Mv) - 1.36 2.08 2.22 2.25
減少率(%) - 95.619% 99.175% 99.398% 99.438%

減少率(%)は⼩数点第4位以下切り捨て

光触媒について

その秘密は、特許技術の光触媒コーティング

その秘密は、
特許技術の光触媒コーティング

分解

光触媒は光(紫外線)が当たることで効果を発揮する材料です。
光に反応して発生する(・OH)と(O₂-)の2種類の活性酸素と接触すると、ウイルスや菌を構成する元素から水素(H)を強制的に抜き取り、物質として成り立たなくさせます。しかし、これは光が当たり続けなければ効果が持続しませんでした。

吸着

特許技術「アパタイト被覆二酸化チタン」(特許第3975270号)は、太陽光だけでなく、蛍光灯やLED照明でも効果を発揮。室内や夜間でも、「アパタイト被覆二酸化チタン」の2つの成分、アパタイト、二酸化チタン(光触媒)が、ウイルスや菌に24時間働き続けます。
アパタイト(リン酸カルシウム)は、歯(エナメル質の95%)や、骨(65%)を構成する物質で、ウイルスや菌などを吸着することができます。光触媒である二酸化チタンの周囲をマスクメロン状にコーティングすることで吸着力を持続します。この被覆することにより、塗布する住宅部材を傷めない役割も担っています。

「アパタイト被覆二酸化チタン」は、屋内外・昼夜問わず24時間効果を発揮する画期的な光触媒なのです。

※国立研究開発法人産業技術総合研究所の技術(特許第3975270号)を活用した株式会社ナノウェイヴのアパタイト被覆二酸化チタンを使用しています。

2つの成分の働き
アパタイト:細菌や有機物を吸着します。
二酸化チタン:アパタイトに吸着した細菌・有機物を、光のチカラを使って除去します。

体制について

  • 株式会社キャンディル
  • 大和ハウスグループ
  • 奈良県立医科大学
  • MBT